● 硬質地盤や障害物を破砕して現場ぐいの形成を行なう。
                                                                                くい径Φ700〜Φ1500を対象。
                                                                                近接部の施工が可能。


     
 



概要

  従来採用されて来た、アースドリル工法、リバースサーキュレーションドリル工法、ベノト工法の場所打ちぐいの施工では、中間部の砂礫・玉石・転石などの掘削や岩盤へのくい先端部の根入れが困難であった。
 弊社で開発したセパレート式ドーナツオーガ機で施工することにより種々の問題が解決され確実な現場造成ぐいが出来上がります。


 特長

@ 岩盤や転石、玉石、砂礫の掘削に最も適した施工法です。
A 支持層地盤が傾斜したり、凸凹が激しい地盤の掘削が可能です。
B オールケーシング掘削、軟弱地盤でも孔壁崩壊を起こさず、既設構造
  物への近接施工が可能です。
C 泥水を使用しませんので、産業廃棄物の処理が不要となります。
D 低騒音、低振動で施工が可能です。

                             詳細はカタログをご利用下さい。  667KB 

                                                             Flashアニメーションをご覧下さい
                HOMEへ      WARKSへ
Copyright(C) 2003 MARUMON CONSTRUCTION Co.,LTD.all rights